レスポンシブWebデザインとは

WEB制作

今回はレスポンシブWebデザインについてご説明したいと思います

レスポンシブ ウェブ デザイン

レスポンシブ ウェブ デザイン(RWD)は、サーバーからどのデバイスに対しても常に同じ HTML コードを配信し、
CSS を使用して各デバイスでのページのレンダリングを変える設定方法です。

すべての Googlebot ユーザー エージェントがページとそのアセット(CSS、JavaScript、画像)をクロールできる状態であれば、
Google のアルゴリズムによってこの設定が自動的に検出されます。

上記はグーグルのサイトの説明です、なんだか、難しいことが書かれていますが
要約すると、レスポンシブWebデザインは、ホームページの幅によって、デザインを変える事によって
PCで見た時でもスマホで見た時でも、画面の幅に合わせた、ホームページのデザインのことです

レスポンシブ ウェブ デザインに作りなおすと、SEO の観点でも有利になる

現在、Googleの発表でモバイルフレンドリーのサイトを推奨しています
過去に、スマホ用サイトとPC用サイトに別々に、制作したサイトも
レスポンシブサイトに制作しなおして、1つにまとめましょうと書いてありました

表示する方法なども、詳しく説明しているので、グーグルの発表では明らかにWebサイトの
モバイル対応のためにレスポンシブWebデザインに移行して欲しいと、言うことだと思います。
そのためレスポンシブデザインのサイトのほうが、グーグルに好かれると思います

レスポンシブ ウェブ デザインをおすすめする理由

レスポンシブ ウェブ デザインをおすすめする理由は以下のとおりです。

  • グーグルが推奨している!!
  • 対応するパソコン用ページやモバイル用ページが存在することを Google のアルゴリズムに伝える必要がなくなる。
  • 同じコンテンツのページをいくつも維持管理する手間が省けます。

レスポンシブWebデザインのデメリット

レスポンシブWebデザインは、今後グーグルも推奨しているので、レスポンシブサイトは増えて行くと思います
ですがメリットだけではなく、デメリットがあります。

考えられるデメリットしては、スマートフォンの幅に合わせて、
デザインするので、Webデザインがシンプルになるという点です。

レスポンシブWebデザインは、基本的には、Webデザインを、PCのブラウザで見た時にはパソコンの幅で大きめに、
スマートフォンのブラウザで見た時はスマートフォンの幅似合わせてデザインする、Webデザインだからです。

そのためレスポンシブWebデザインでサイトを作る時は、スマートフォンでの見た目を基準にデザインをして、
それをPCでの見え方を調整して行くので、どうしても、シンプルになります。

過去のサイトの作り方ですと、パソコン用のサホームページをデザインする → それのスマホ版サイトをデザインする
から、今後は逆になり、スマホサイトをデザインする → その後、PC版サイトをデザインするに、変わって行くと思います

レスポンシブサイトに移行する理由のまとめ

今後は、レスポンシブサイトが増えて行くので、シンプルな表示がデメリットとも、言えなくなると思います。

過去のような、複雑なデザインもカッコいいですが、現在はサイトを見ている人は、スマホやタブレットが増えていますので
見る人の、環境に合わせて、ホームページを作る事が必要ですね。

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました